シッティングバレーボールとは

 

 シッティング(座ったままで、または座ることの意)バレーボールは、床に臀部(でんぶ)の一部が常に接触したまま行うバレーボールといえばわかりやすいでしょう。サーブ、ブロック、アタックなどで立ち上がったり、飛び跳ねたりすると反則になってしまいます。シッティングバレーボールのルールは、基本的にはWPV競技規則に基づきますが、独自の特別ルールが定められています。

※ここで「臀部」とは「上体」のことであり、肩から臀部までの部位をいいます。

 

(一般社団法人日本パラバレーボール協会より引用)

 

PR動画

新メンバー大募集中!

 

 Forza川崎(フォルツァ川崎)では現在新メンバーを大募集しています。

 私たちは小学生から60歳以上まで、幅広い年齢層でわきあいあいと活動しており、障がいのあるメンバーも健常者も混合で一緒に楽しく活動しています。
 シッティングバレーボールはジャンプせずにバレーボールができ、バレーボール経験者はもちろん、バレーボール初心者にもなじみやすいスポーツです。バレーボール経験なく参加されているメンバーが大多数を占めています。

 練習に一度参加してみたい方、詳しい話を聞きたい方は、お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。